人気ブログランキング |

2015年 07月 12日 ( 1 )

初登頂

 昨日はとても天気が良く
朝4時に起きてRUFの散歩や食事を済ませてから
山へ向かった
自宅からも見える「焼石岳」まだ挑戦するには早いかな?
とも思ったが・・・・

※焼石岳(やけいしだけ)とは、岩手県南西部、奥州市と和賀郡西和賀町の境にある火山である。標高1,548メートル。奥羽山脈中部に属し、牛形山、駒ヶ岳などからなる焼石連峰の主峰で、栗駒国定公園の一部。日本二百名山の一つである。
第四紀に噴出形成した火山で、周囲には規模の小さい火山が集まっている。尚、現在は死火山である。山体が輝石安山岩などから構成され、山頂周辺に焼けたような石が見られることが名称の由来とされる。
ブナの原生林に覆われ、山腹には小沼が多く分布しミズバショウや高山植物も豊富。東麓の尿前川の渓谷は無数の滝をつくり、とくに紅葉期は美しい。月山、八甲田山とともに残雪の多い山で、登山路は北東麓の夏油温泉からのコースが変化に富んでいる。頂上からの展望は雄大で八幡平、岩手山、早池峰山、鳥海山、月山および飯豊山など東北の主な山々が遠望できる。
標高と比較して高山植物が豊富である。中腹にある中沼と上沼は雪解けから盛夏まで高密度に湿性植物が咲く。山頂直下の姥石平は6月上旬から晩夏まで広大なお花畑を展開する。焼石沼周辺のミヤマキンポウゲのお花畑や、焼石沼上部のお花畑も優れている。東北地方トップクラスの花の山である。
山頂には一等三角点が設置され1547.65mとなっている。

6時頃に登山道を出発
c0225536_4541924.jpg

やはり初めてなので期待と不安が有るが
入山者も数名いたので少しホッとする
c0225536_458554.jpg

c0225536_4581870.jpg

急斜面を抜け階段や木道をひたすら歩く
中沼が見えてきました
c0225536_4582890.jpg

早朝湖面に映る景色も綺麗でした
c0225536_4583722.jpg

花の百名山と言われるほど有名な山で
県外からも沢山の登山者が訪れます
名前は多分あの金沢のお方が説明してくださります(笑)
c0225536_4584596.jpg

多分菖蒲でしょうが、花が少し違う気も致します
※ヒオウギアヤメ
c0225536_4585690.jpg

溜息が出る程美しい眺めでし

※ミズバショウ
c0225536_4593513.jpg

景色を眺めると疲れが癒えます




菖蒲の様ですが?
c0225536_5121327.jpg

雪の上を歩きます
c0225536_5122410.jpg
c0225536_5123564.jpg

何度も立ち止まって眺めます
c0225536_5124539.jpg

シラネアオイがまだ咲いていました
c0225536_5125692.jpg

c0225536_513966.jpg
c0225536_5132144.jpg

ここは慎重に歩きました
c0225536_5135065.jpg
c0225536_514066.jpg

c0225536_514952.jpg

小さな沼ですが綺麗でした
c0225536_5142018.jpg

頂上からの眺め 
(写真を撮りながらゆっくりなので約3,5時間掛かりました)
c0225536_5143296.jpg

疲れなど一気に吹き飛ぶような眺めです
c0225536_5144395.jpg
c0225536_514547.jpg
c0225536_51576.jpg

巨木の生命力が何かを語りかけてくれます
c0225536_515223.jpg

帰りは階段の様な下りが膝に堪えます
沢山の登山者の方々とすれ違いました
景色や花を見ていると癒されます
12,30分無事下山
いつもの温泉に行きサウナや水風呂で
関節の熱を冷ましてからストレッチを行いました
今朝は殆んど痛みはありません!
by yamame930 | 2015-07-12 05:39 | | Comments(2)

この年になってウクレレを始め楽しい毎日
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31